スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017グアテマラツアーまとめ。

今日はツアーに参加していただいた5名様の旅の感想をご紹介。
ilo itooグアテマラツアーが気になっている方は是非参考にされてくださいね。

 

<今回のツアーは満足いただけましたか?>
・大変満足 5名様

 

<思っていたグアテマラのイメージは変わりましたか?>
・はい 4名様
・特にイメージはなかったので新たにインプットされました 1名様

 

<何が一番楽しかったですか?>
・楽しいことがありすぎて選べません
・工房の人たちとの交流、ツアーの方たちと仲良くなれたこと、市場やお店巡り、一人旅や一般的なツアーでは経験できないことがたくさんありました
・雑貨を沢山買えたこと
・毎日のそれぞれが楽しすぎて一番を決められない
・チチカステナンゴでの買い物とサン・フアン・ラ・ラグーナでの人の温かさ・優しさ

 

<グアテマラの魅力は何だと思いますか?>
・人と自然
・現地の人の人柄。優しさ・おおらかさ・人懐っこさ
・グアテマラレインボーの色とりどりの衣装や布
・グアテマラならではの時間の流れ方
・「また来たい!」と思わせるところ
・かわいい雑貨
・民族衣装
・言葉で表現できない来て、見て、触れてみてわかる良さ
・野菜

 

<ツアーの改善点やもっとここが観たかったなどあれば教えてください>
・今回は充分です。次に見たい所が沢山増えました。
・食事に追われた感があったのでフリーの食事もいれるといいと思いました。
・あえて言うのであれば、お湯の出の悪いホテルがあった・ドライヤーがないなどですが、それも含めても満足でした。
・市場での時間が足りなかった。
・湖の周りの街でそれぞれ良さが違うことを知り、観光の街の時間は減らして地方巡りの時間を増やしてもいいと思いました。

 

<友人・知人にグアテマラツアーを勧めたいと思いますか?>
・はい 4名様
・自分から勧めるかは?ですが、聞かれれば楽しさを伝えます。
日本人観光客が少ないのもいいと思うので勧めまくることはしないと思います。 1名様

 

<ツアー全体の感想を聞かせてください。>
・パックのツアーと違って個人旅行のような自由がありストレスなしで楽しめました。
・好きな事が似ていたり、近い人の集まりなので気が合い毎日ワクワクしていました。
・思っていたよりずっと安心出来て快適な旅でした。
・野菜や果物が豊富で味も食べやすく美味しかった。
・移動が多くて毎日忙しかったけど、どこも外せないくらい色々それぞれが楽しかった。
・楽しかった‼本当に来てよかったです‼大満足‼メンバーもすごく良い人達で仲良くなれてよかった♡
・ツアー代はちょっと高いけど、人生経験できたと思えば安いと思います。
・私たちの反応や希望によって行きたい店や見たいところなどその都度対応してくれたのがよかった。
・少人数ならではの動きやすさでした。

 

-----------------------------------------------------------
今年で3回目となったilo itooグアテマラツアー。
アンケートにもあるようにローカルで少人数、参加者の方の希望に合わせて動くので毎回起こるハプニングや偶然もそれぞれ。
今回は結婚式に遭遇して会場に同席させて貰った場面もあったとか。
もちろん、停電やスリ、ドアの鍵が開かないなんてあんまり嬉しくないハプニングもあるけれど、
その度に、グアテマラの人たちの臨機応変さや優しい人柄が見えたり、
逆に日本の良さに気づいたり、いい事もあるのかなとポジティブに。

どんな旅になるのかはその時の参加者の方と、現地のタイミング次第ということで、
2017ilo itooグアテマラツアーに参加してくださった皆さん、楽しい旅にしていただいて本当にありがとうございました!
またどこかで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています^^

 

JUGEMテーマ:中南米

1月横浜 EFJstore@ルミネ横浜のご案内。

今年もEFJstoreにお声かけいただいて、ilo itoo商品を手に取っていただける機会が増えそうです。
2018年1月はルミネ横浜で開催されるエシカルウィークに参加します。

このイベント、ルミネが取り組む環境推進プロジェクトchorokoの一環として実施され、1月13日(土)・14日(日)の週末にはエシカルなワークショップも開催されます。
EFJstore詳細はこちら:http://www.ethicalfashionjapan.com/2017/12/ethicalweekbylumineyokohama/

 

ilo itooは今年もコルテスカートをメインにグアテマラの手しごとをご紹介。

ルミネ横浜でのエシカルウィーク。
社会をちょっと良くするしくみ。
EFJstoreの他にも色々なショップが参加する予定ですのでどんな取り組みがあるのか楽しみながらお買い物してくださいね♪

 

ETHICAL WEEK BY LUMINE YOKOHAMA
場所:ルミネ横浜店 
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-16-1
日時:2018年1月9日(火)から14日(日)
ショッピング    :平日 10:00 〜 21:00 土日祝 10:00 〜 20:30
レストラン    :11:00 〜 22:30
参加ショップ:フルラージュアン・スターバックスコーヒー・靴下屋・コスメキッチン・アンテバイアンテシュクレ・中川政七商店・プラザ・ドラマ アッシュ・ペー・フランス トーキョー・パリゴ・ライチ・ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ・マークスアンドウェブ・ビショップ・有隣堂
EFJstore参加ブランド:RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)・MAITE(マイテ)・Feliz(フェリーズ)・SEEDS BY PHUHIEP(シーズ・バイ・フーヒップ)・ilo itoo (イロイトー)・Chicolatte(チコラッテ)

あけましておめでとうございます!Feliz año nuevo 2018 !

JUGEMテーマ:中南米


みなさんあけましておめでとうございます。
お正月はいかがお過ごしでしたか?

私オオクボは、結婚して初めての帰省と
夫と共通の知り合いや友人を尋ねる旅で
日本列島東へ西へと旅して福岡へ帰ってきました。


結婚すると家族や友達が増えて楽しみが増えるな〜
と新婚をまだまだ楽しんでおります。ハイ^^

 

私たちは今日から仕事はじめとなりました。
今年はいろいろと変化の年になりそうな予感!

 

以下今年4月までの出展情報です!

▪︎EFJ STORE @ルミネ横浜
ETHICAL WEEK BY LUMINE YOKOHAMA
期間:2018年1月9日(水)〜 14日(日)
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-16-1

 

▪︎EFJ STORE @新潟伊勢丹
期間:2018年1月17日(水)〜 1月23日(火)
住所:〒950-0909 新潟県新潟市中央区八千代1丁目6−1

 

▪︎岩田屋定番コレクション
期間:2018年2月21日(水)〜 26日(月)
住所:〒810-8680 福岡市中央区天神2丁目5-35

 

▪︎伊勢丹新宿店
期間:2018年3月7日(水)〜 13日(火)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14−1

 

▪︎遠近(をちこち)
期間:2018年3月16日(金)〜 4月10日(火)
住所:〒770-8040 徳島県徳島市上八万町樋口266 1

 

▪︎SOGO広島店
期間:2018年4月3日(火)〜 9日(月)
住所: 〒730-8501 広島県広島市中区基町6−27

 

※フロアやイベント名などの詳細は追って公開します。

今年は新潟や徳島、初めての場所も増えるので楽しみです^^


戌年な2018
スペイン語で犬=perro (ペッロ)
野良犬=chucho(チューチョ)
グアテマラにはチューチョがたくさんいて、
番犬としてチューチョを飼う家庭も多いです。

こちらは、私の友人が描いたイラストを元に、グアテマラの刺繍職人が刺した作品。

かわいいでしょ♪

今年もilo itooをどうぞよろしくお願いします!
 

中南米のいいところを知ってほしい。

先日リョータくんという男の子がilo itooに遊びに来てくれました。
彼はお父さんの仕事の関係でエルサルバドルで生まれ、ホンジュラス、グアテマラ、ニカラグアで大きくなり、今、日本の大学に通っています。
ご両親は日本人なので国籍は日本。
でも、彼は自分の事を「日本人です。」とだけ言うのはちょっと違うな〜と思うのだとか。

 

そんな彼が何でilo itooに遊びに来てくれたかというと、
あまりに中南米の事が日本で知られていないのがもどかしくて、何か出来ないかなと色々調べていた時にたまたまilo itooの活動を知ってコンタクトを取ってくれたから。

 

話を聞くと、中米を転々としていた彼は高校生活を過ごしたニカラグアが大好き。
だけど、日本で「ニカラグア」というと「アフリカの国?」と言われてしまうのが「違うよ〜!」って思ってしまって毎回そのやり取りにストレスを感じると。

 

私たちも納得。
「グアテマラ」と言っても日本ではあまり知られていないので「そうだよね〜。」と頷くばかり。

 

そんな彼も小学生の時に日本に帰ってきたらめちゃくちゃ便利で、
特にコンビニが大好きだったからもっと日本にいたいと思ったそう。
でも、今日本の大学に通い始めて見えてきたのが中米のいいところ。
例えば、
家族を大切にすること。
お金がなくてもみんな生活を楽しんでいること。
ドアを開けてあげたり、席を譲ったりが当たり前だということ。
色々な場面で自分の考えていることをはっきり言えること。  などなど。

 

これにも納得。「そうだよね〜。」

でも、日本から遠く離れた国の事を知ってもらうにはその国出身の有名人なんかがいない限り難しくって、私たちも地道な活動でちょこっとずつグアテマラを知ってもらっているよ。と話すと、通っている大学でラテンイベントをやろうと思うと宣言してくれました。

 

彼とそんな中米あるある、日本あるあるの話をした後に、
今度はグアテマラツアーの参加者さんからお手紙をいただきました。
その中にこんな一文が
「ツアー中はぎっしり中身がつまりつつも、のんびりぜいたくな時間をすごしていたんだなぁと改めて感じます。あの時感じた”いい感じ”を口で説明するのはなかなか難しく、旅の話を聞かれて伝えきれないもどかしさもあります。」
言葉でも写真でも伝わらない、あの空気。


そうなんです。
私たちも伝えきれないところがあるから体感して欲しくってツアーをしています。

 

もちろん、日本もとてもいいところで大好き。
でも、中南米もいいところ沢山あるから知ってほしい。
日本を知っているだけではもったいないこの世界の面白さ。
比べてわかるそれぞれの良さ。
中南米に興味を持って訪ねてくれる人がもっと増えればいいなと感じたここ数日の出来事でした。

JUGEMテーマ:中南米

2017グアテマラツアーまとめ。

今日はツアーに参加していただいた5名様の旅の感想をご紹介。
ilo itooグアテマラツアーが気になっている方は是非参考にされてくださいね。

 

<今回のツアーは満足いただけましたか?>
・大変満足 5名様

 

<思っていたグアテマラのイメージは変わりましたか?>
・はい 4名様
・特にイメージはなかったので新たにインプットされました 1名様

 

<何が一番楽しかったですか?>
・楽しいことがありすぎて選べません
・工房の人たちとの交流、ツアーの方たちと仲良くなれたこと、市場やお店巡り、一人旅や一般的なツアーでは経験できないことがたくさんありました
・雑貨を沢山買えたこと
・毎日のそれぞれが楽しすぎて一番を決められない
・チチカステナンゴでの買い物とサン・フアン・ラ・ラグーナでの人の温かさ・優しさ

 

<グアテマラの魅力は何だと思いますか?>
・人と自然
・現地の人の人柄。優しさ・おおらかさ・人懐っこさ
・グアテマラレインボーの色とりどりの衣装や布
・グアテマラならではの時間の流れ方
・「また来たい!」と思わせるところ
・かわいい雑貨
・民族衣装
・言葉で表現できない来て、見て、触れてみてわかる良さ
・野菜

 

<ツアーの改善点やもっとここが観たかったなどあれば教えてください>
・今回は充分です。次に見たい所が沢山増えました。
・食事に追われた感があったのでフリーの食事もいれるといいと思いました。
・あえて言うのであれば、お湯の出の悪いホテルがあった・ドライヤーがないなどですが、それも含めても満足でした。
・市場での時間が足りなかった。
・湖の周りの街でそれぞれ良さが違うことを知り、観光の街の時間は減らして地方巡りの時間を増やしてもいいと思いました。

 

<友人・知人にグアテマラツアーを勧めたいと思いますか?>
・はい 4名様
・自分から勧めるかは?ですが、聞かれれば楽しさを伝えます。
日本人観光客が少ないのもいいと思うので勧めまくることはしないと思います。 1名様

 

<ツアー全体の感想を聞かせてください。>
・パックのツアーと違って個人旅行のような自由がありストレスなしで楽しめました。
・好きな事が似ていたり、近い人の集まりなので気が合い毎日ワクワクしていました。
・思っていたよりずっと安心出来て快適な旅でした。
・野菜や果物が豊富で味も食べやすく美味しかった。
・移動が多くて毎日忙しかったけど、どこも外せないくらい色々それぞれが楽しかった。
・楽しかった‼本当に来てよかったです‼大満足‼メンバーもすごく良い人達で仲良くなれてよかった♡
・ツアー代はちょっと高いけど、人生経験できたと思えば安いと思います。
・私たちの反応や希望によって行きたい店や見たいところなどその都度対応してくれたのがよかった。
・少人数ならではの動きやすさでした。

 

-----------------------------------------------------------
今年で3回目となったilo itooグアテマラツアー。
アンケートにもあるようにローカルで少人数、参加者の方の希望に合わせて動くので毎回起こるハプニングや偶然もそれぞれ。
今回は結婚式に遭遇して会場に同席させて貰った場面もあったとか。
もちろん、停電やスリ、ドアの鍵が開かないなんてあんまり嬉しくないハプニングもあるけれど、
その度に、グアテマラの人たちの臨機応変さや優しい人柄が見えたり、
逆に日本の良さに気づいたり、いい事もあるのかなとポジティブに。

どんな旅になるのかはその時の参加者の方と、現地のタイミング次第ということで、
2017ilo itooグアテマラツアーに参加してくださった皆さん、楽しい旅にしていただいて本当にありがとうございました!
またどこかで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています^^

 

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラツアー2017 現地プログラム3日目

グアテマラツアー2017 現地プログラム3日目。
手刺繍教室の日。
朝、ボートで湖を渡って刺繍の町へ。

 

迎えに来てくれたフランシスカについてまたまた細い路地をてくてくと。

 

たどり着いたのは彼女のお部屋。
今日はフランシスカ一家にマンツーマンで手刺繍を教えて貰います。

 

刺繍するのはこちらの可愛らしい小鳥。
参加者の方からは糸が通るかしら・・・と心配の声もありましたが、みんなのサポートでノープロブレム。
好きな色の糸を選んだらここからは黙々と手作業です。

 

 

 

 

 

「これでいい?」「もうちょっと細かく。」
「これでいい?」「ダメ。ほどいてもう一回。もう少しこっち側に。」
「これでいい?」「いい感じ。じゃあ次ね。」
こんな感じの会話が約2時間。
この日はilo itoo工房メンバーも一緒について来ていたので彼女たちもちょこっとサポート。
みんな手刺繍がある程度は出来るようで、
湖の周りに住む女性たちにとって織りや手刺繍は家事の合間に出来る手仕事として根付いているのを感じました。

 

 

 

 

 

くちばしから頭、体、羽と刺繍して、最後は黒い糸で縁取りをしたら出来上がり。
フランシスカが一番厳しい先生で、Hさん苦戦していましたがみなさん可愛い小鳥が出来ました♡

 

最後はみんなで記念撮影。

 

の後見せ合いっこ。

 

フランシスカの家をお邪魔したら次は刺繍熱と共に糸のお店へ。
同じ赤、青でもこのバリエーション。

 

お客さんの中には図鑑を片手に「この蝶々を刺繍するの」と糸を探しに来ている人もいました。

 

お買い物が終わったらここでilo itooメンバーともお別れ。
「こんなに遠いところまで来てくれて本当にありがとう。私たちは日本に行けないけどいつでもここにいるからまた来てね。」「みなさんの健康を祈ります。」「気をつけていい旅を。」
そんな言葉を貰って最後はハグでお別れ。
たった2日間の交流だったけど、ツアーのみなさんにとっても工房メンバーにとっても、
思い出に残る2日間だったのではないかと思います。
名残惜しいひと時でした。

この後、ツアーの皆さんはパナハチェルという対岸の町に渡り、
11/1死者の日のお祭りの大凧揚げを観て、
アンティグアという観光地に滞在後、日本へ帰国されました。

レポートはこの旅のほんの一部。
まだまだ本当に色んな事がありました。
参加者のみなさんの感想は次回ご紹介したいと思います。

まだグアテマラに足を運んだことがないというみなさんも是非実際にグアテマラを体験しに来てくださいね。
素晴らしい手仕事と温かいグアテマラの人たちがみなさんのお越しをお待ちしています^^

 

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラツアー2017 現地プログラム2日目

 

グアテマラツアー2017 現地プログラム2日目。
ilo itoo工房見学とコーヒー農園ツアーの日。
朝からいいお天気で皆さんここぞとばかりにお洗濯。

 

 

 

朝食は湖を臨むホテルのテラスで。
トルティーヤ(トウモロコシの粉を焼いたもの)にフリフォーレス(豆の煮込み)、
スクランブルエッグにチーズと茹でたプラタノ(調理用バナナ)で定番朝ごはん。

 

 

それから、ホテルに迎えに来てくれたアメリアについて工房へ。

 

 

細い路地を進んで、工房に近づくと聞こえてくる笛と太鼓の音♪
扉を開けると『ようこそ。サン・フアン・ラ・ラグーナへ』の文字。

 

 

今年もお祝い事に欠かせないチリミージャ(笛)とトゥフ(太鼓)のおじいちゃんたちは健在で
サン・フアンに伝わる伝統音楽で私たちを迎えてくれました。

 

 

 

工房についたら、歓迎の言葉とお互いの自己紹介にプレゼント交換。
参加者の皆さんにも日本からのお土産を持ってきて貰っていたので、
「こんなに遠くまで来てくれてありがとう。大したものは用意出来ないけど、使って貰えたら嬉しいです。」と工房のみんなが用意してくれたサン・フアンの織物と交換して貰いました。

 

 

 

 

それから、工房での仕事の説明。
誰がどんな仕事をしているのか、どうやってilo itoo商品は出来ているのか一つ一つアメリアが説明してくれました。
参加者のみなさんは熱心に質問したり写真を撮ったり。
普段は語られない仕事の難しさなど、私も説明を聞きながら彼女たちの仕事ぶりを知ることが出来ました。

 

 

 

 

その後は織物体験をしてもらったり、民族衣装に着替えて街歩きしたり、おりがみしたり、
言葉は通じないけど、みなさん工房メンバーと和気藹々コミュニケーション。
笑顔の絶えない和やかな雰囲気。

 

 

 

 

この日はilo itooメンバーのフロリンダが急きょ工房に来れなくなってしまったので、
代役として娘のチェイビーちゃんが来てくれたのですが、お世話上手で大活躍。
チリミージャ(笛)のおじいちゃんは彼女の本当のおじいちゃん(お父さんのお父さん)で、
グアテマラの家族の温かさも参加者の皆さんに感じていただくことが出来ました。

 

 

最後はみんなで記念撮影。
みんないい笑顔。と言いたいところですが、
カメラ慣れしている若者と真顔のマリアやおじいちゃん達のコントラストが時代の流れを感じます笑

 

 

 

 

昼食をはさんで午後からはコーヒー農園見学。
ガイドさんについてコーヒー畑を歩いて、グアテマラのコーヒーの歴史や赤い実がコーヒーになるまでの行程を見せて貰いました。
グアテマラにコーヒーが導入された頃は先住民は労働者としてとても酷い扱いを受けていた過去がありますが、今は世界に名だたる美味しいコーヒーの産地としてみんなにとって貴重な収入源となっています。
こちらもみなさん興味津々。
ガイドさんの説明に聞き入っていました。

 

 

最後は淹れたての美味しいコーヒーを飲んでツアー終了。

コーヒーツアー中に雨がぱらぱらしてきたのでみなさん洗濯物の心配をしていましたが、
昨日のニコラス君が取り込んでくれていてセーフ。
グアテマラでは”洗濯は女性の仕事”と、洗濯物を扱うのを嫌う男性もいるのですが、ありがとうニコラス君。
お陰で助かりました。

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラツアー2017 現地プログラム1日目

 

グアテマラツアー2017 現地プログラム1日目。
お客さんが工房のあるサン・フアン・ラ・ラグーナに到着。

今年のツアーは私タカザキの同行日数が現地プログラムの3日間だけということで、
その他の行程は現地の日本人ガイドさんにお願いしました。
お客さんはその方と一緒に
1日目:グアテマラ到着
2日目:首都のイシュチェル民族衣装博物館見学、素朴画の町コマラパ散策
3日目:チチカステナンゴの日曜市を経て午後サン・フアン・ラ・ラグーナへ。

 

 

お一人で参加の方が3名いらっしゃったにも関わらず、
ここまでの道のりでみなさんとても仲良くなっていて、
サン・フアンにお迎えした時はもう昔からのお友達のような和気藹々とした雰囲気。
街歩きもお買い物もボートもとても楽しんでもらえたようで皆さん「楽しーい♪」を連発。
まだツアーの前半にも関わらず「帰りたくない。」の声も聞かれました。笑

 

 

この日は前半ハードなスケジュールだったのでホテルで少し休憩を入れて貰おうかなと思っていたら、
皆さんの好奇心はとどまるところを知らず。。。
「街歩きがしたい!」ということだったので
元ilo itooメンバーで独立してお店を構えたロサリオのところへご案内。

 

 

天然染色の織りの町ならではの糸紡ぎから、

 

 

染料の説明、

 

 

染色行程などをデモンストレーションしてもらいました。
昔は色を定着させるのにバナナの幹を使っていたそうですよ。

 

 

ここで、ツアーのお客さんも糸紡ぎを体験。
簡単そうにやっているけど体験してみると意外と難しい。
特に茶い綿は繊維が短くて紡げる人がほとんどいないそうで、貴重なものを見せてもらいました。

 

 

その日の夜、ホテルに戻ったら、
ボーイのニコラス君が新しく望遠鏡を設置したテラスからの眺めを観て欲しかったらしく
声をかけてくれたのでみんなでテラスへ。
「日本の音楽ってどんなの?」「みんなは何歳なの?」などなど、
好奇心いっぱいに話しかけてくれて可愛い彼はあっという間に人気者に。
最後にみんなで踊りまで踊って、ニコのお陰で予定にはなかった楽しい夜になりました☆

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラに行ってきました。

JUGEMテーマ:中南米

 

こんにちは。
2か月ほどブログを更新していませんでしたがみなさんお元気ですか?

私タカザキ、10月末から1ヶ月グアテマラに行ってました。
instagramやfacebookでは写真をアップしていましたが、
インターネットの状況がいまいちでブログの更新は出来ていなくてすみません。

 

 

ツアーに、工房の整備に、ウィピルの取材にとあっという間の1ヶ月。

 

 

1年ぶりのグアテマラでしたが、
ilo itoo工房があるサン・フアン・ラ・ラグーナでは観光地化がとても進んでいて
前はこんなだったボート乗り場が

 

 

こんなに整備されて、

 

 

ボートいっぱいの観光客がチャーター便で到着するように。

 

 

スマホもかなり普及していて、
今では工房の連絡係アメリアがLINEで仕事の報告してくれるようになっています。

ilo itooを立ち上げてから5年で変わったものは数知れず。
今年中にグアテマラでの出来事をアップしようと思いますので
またチェックよろしくお願いします!

 

10月東京EFJstore@PARCO吉祥寺のご案内。

 

東京での出店が続いているこの頃
10月もEFJ storeにお声かけいただいて
2017年10月1日(日)-10/15(日)の2週間EFJ store@吉祥寺PARCOにて
ilo itooのコルテスカートをお取り扱いいただくことになりました。

 

 


 

気温が下がって秋物が欲しくなる季節、
今年はエシカルファッションも検討してみてくださいね。
生産者が見えるお買い物でみんなが幸せになりますように。

ご来店お待ちしています。

----------------------------------------------------
EFJ store @ 吉祥寺PARCO
日時:10月1日(日)から15日(日)10:00 - 21:00 
場所:PARCO 吉祥寺店 2F エスカーレーター脇
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1
参加ブランド:Chicolatte・Feliz・KISSACO・MAITE・Phuhiep・SEEDS BY PHUHIEP・ilo itoo