グアテマラツアー2017 現地プログラム2日目

 

グアテマラツアー2017 現地プログラム2日目。
ilo itoo工房見学とコーヒー農園ツアーの日。
朝からいいお天気で皆さんここぞとばかりにお洗濯。

 

 

 

朝食は湖を臨むホテルのテラスで。
トルティーヤ(トウモロコシの粉を焼いたもの)にフリフォーレス(豆の煮込み)、
スクランブルエッグにチーズと茹でたプラタノ(調理用バナナ)で定番朝ごはん。

 

 

それから、ホテルに迎えに来てくれたアメリアについて工房へ。

 

 

細い路地を進んで、工房に近づくと聞こえてくる笛と太鼓の音♪
扉を開けると『ようこそ。サン・フアン・ラ・ラグーナへ』の文字。

 

 

今年もお祝い事に欠かせないチリミージャ(笛)とトゥフ(太鼓)のおじいちゃんたちは健在で
サン・フアンに伝わる伝統音楽で私たちを迎えてくれました。

 

 

 

工房についたら、歓迎の言葉とお互いの自己紹介にプレゼント交換。
参加者の皆さんにも日本からのお土産を持ってきて貰っていたので、
「こんなに遠くまで来てくれてありがとう。大したものは用意出来ないけど、使って貰えたら嬉しいです。」と工房のみんなが用意してくれたサン・フアンの織物と交換して貰いました。

 

 

 

 

それから、工房での仕事の説明。
誰がどんな仕事をしているのか、どうやってilo itoo商品は出来ているのか一つ一つアメリアが説明してくれました。
参加者のみなさんは熱心に質問したり写真を撮ったり。
普段は語られない仕事の難しさなど、私も説明を聞きながら彼女たちの仕事ぶりを知ることが出来ました。

 

 

 

 

その後は織物体験をしてもらったり、民族衣装に着替えて街歩きしたり、おりがみしたり、
言葉は通じないけど、みなさん工房メンバーと和気藹々コミュニケーション。
笑顔の絶えない和やかな雰囲気。

 

 

 

 

この日はilo itooメンバーのフロリンダが急きょ工房に来れなくなってしまったので、
代役として娘のチェイビーちゃんが来てくれたのですが、お世話上手で大活躍。
チリミージャ(笛)のおじいちゃんは彼女の本当のおじいちゃん(お父さんのお父さん)で、
グアテマラの家族の温かさも参加者の皆さんに感じていただくことが出来ました。

 

 

最後はみんなで記念撮影。
みんないい笑顔。と言いたいところですが、
カメラ慣れしている若者と真顔のマリアやおじいちゃん達のコントラストが時代の流れを感じます笑

 

 

 

 

昼食をはさんで午後からはコーヒー農園見学。
ガイドさんについてコーヒー畑を歩いて、グアテマラのコーヒーの歴史や赤い実がコーヒーになるまでの行程を見せて貰いました。
グアテマラにコーヒーが導入された頃は先住民は労働者としてとても酷い扱いを受けていた過去がありますが、今は世界に名だたる美味しいコーヒーの産地としてみんなにとって貴重な収入源となっています。
こちらもみなさん興味津々。
ガイドさんの説明に聞き入っていました。

 

 

最後は淹れたての美味しいコーヒーを飲んでツアー終了。

コーヒーツアー中に雨がぱらぱらしてきたのでみなさん洗濯物の心配をしていましたが、
昨日のニコラス君が取り込んでくれていてセーフ。
グアテマラでは”洗濯は女性の仕事”と、洗濯物を扱うのを嫌う男性もいるのですが、ありがとうニコラス君。
お陰で助かりました。

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラツアー2017 現地プログラム1日目

 

グアテマラツアー2017 現地プログラム1日目。
お客さんが工房のあるサン・フアン・ラ・ラグーナに到着。

今年のツアーは私タカザキの同行日数が現地プログラムの3日間だけということで、
その他の行程は現地の日本人ガイドさんにお願いしました。
お客さんはその方と一緒に
1日目:グアテマラ到着
2日目:首都のイシュチェル民族衣装博物館見学、素朴画の町コマラパ散策
3日目:チチカステナンゴの日曜市を経て午後サン・フアン・ラ・ラグーナへ。

 

 

お一人で参加の方が3名いらっしゃったにも関わらず、
ここまでの道のりでみなさんとても仲良くなっていて、
サン・フアンにお迎えした時はもう昔からのお友達のような和気藹々とした雰囲気。
街歩きもお買い物もボートもとても楽しんでもらえたようで皆さん「楽しーい♪」を連発。
まだツアーの前半にも関わらず「帰りたくない。」の声も聞かれました。笑

 

 

この日は前半ハードなスケジュールだったのでホテルで少し休憩を入れて貰おうかなと思っていたら、
皆さんの好奇心はとどまるところを知らず。。。
「街歩きがしたい!」ということだったので
元ilo itooメンバーで独立してお店を構えたロサリオのところへご案内。

 

 

天然染色の織りの町ならではの糸紡ぎから、

 

 

染料の説明、

 

 

染色行程などをデモンストレーションしてもらいました。
昔は色を定着させるのにバナナの幹を使っていたそうですよ。

 

 

ここで、ツアーのお客さんも糸紡ぎを体験。
簡単そうにやっているけど体験してみると意外と難しい。
特に茶い綿は繊維が短くて紡げる人がほとんどいないそうで、貴重なものを見せてもらいました。

 

 

その日の夜、ホテルに戻ったら、
ボーイのニコラス君が新しく望遠鏡を設置したテラスからの眺めを観て欲しかったらしく
声をかけてくれたのでみんなでテラスへ。
「日本の音楽ってどんなの?」「みんなは何歳なの?」などなど、
好奇心いっぱいに話しかけてくれて可愛い彼はあっという間に人気者に。
最後にみんなで踊りまで踊って、ニコのお陰で予定にはなかった楽しい夜になりました☆

JUGEMテーマ:中南米

グアテマラに行ってきました。

JUGEMテーマ:中南米

 

こんにちは。
2か月ほどブログを更新していませんでしたがみなさんお元気ですか?

私タカザキ、10月末から1ヶ月グアテマラに行ってました。
instagramやfacebookでは写真をアップしていましたが、
インターネットの状況がいまいちでブログの更新は出来ていなくてすみません。

 

 

ツアーに、工房の整備に、ウィピルの取材にとあっという間の1ヶ月。

 

 

1年ぶりのグアテマラでしたが、
ilo itoo工房があるサン・フアン・ラ・ラグーナでは観光地化がとても進んでいて
前はこんなだったボート乗り場が

 

 

こんなに整備されて、

 

 

ボートいっぱいの観光客がチャーター便で到着するように。

 

 

スマホもかなり普及していて、
今では工房の連絡係アメリアがLINEで仕事の報告してくれるようになっています。

ilo itooを立ち上げてから5年で変わったものは数知れず。
今年中にグアテマラでの出来事をアップしようと思いますので
またチェックよろしくお願いします!

 

10月東京EFJstore@PARCO吉祥寺のご案内。

 

東京での出店が続いているこの頃
10月もEFJ storeにお声かけいただいて
2017年10月1日(日)-10/15(日)の2週間EFJ store@吉祥寺PARCOにて
ilo itooのコルテスカートをお取り扱いいただくことになりました。

 

 


 

気温が下がって秋物が欲しくなる季節、
今年はエシカルファッションも検討してみてくださいね。
生産者が見えるお買い物でみんなが幸せになりますように。

ご来店お待ちしています。

----------------------------------------------------
EFJ store @ 吉祥寺PARCO
日時:10月1日(日)から15日(日)10:00 - 21:00 
場所:PARCO 吉祥寺店 2F エスカーレーター脇
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1
参加ブランド:Chicolatte・Feliz・KISSACO・MAITE・Phuhiep・SEEDS BY PHUHIEP・ilo itoo

2017グアテマラツアー催行します。

 

こんにちは。

先日までお申込み受付していた2017グアテマラツアー。

最小催行人数6名に達しませんでしたが5名様からお申込みいただいたので

今年も催行することにしました。

 

グアテマラツアー第三弾。

日程は2017年10月27日(金)ー11月3日(金)の現地発着8日間です。

 

今年は風の旅行社さんと一緒に運営させてもらうので今までとは違ったツアーになる予定で

どんなツアーになるのか楽しみ。

 

最近お隣の国メキシコで大きな地震が2回起きましたが、

幸いグアテマラのスタッフには影響なく元気に仕事をしています。

ご心配いただいたみなさんありがとうございます。

 

同行するタカザキにとっても一年ぶりのグアテマラ。

みんなに会えるのが今から楽しみです♪

9月佐賀 MARIA GALLERY 展示販売会のお知らせ

コルテスカート着まわし

秋の風を感じるこの頃。

今年も佐賀のマリアギャラリーさんで
元工房の小川さん × ilo itooの展示会を開催します。

佐賀市内でコルテスカートを直接手に取っていただける機会はなかなかないので、
是非足を運んでみてくださいね。

皆さんのお越しをお待ちしています。

————————————————–
小川洋子 急須と花の器 × ilo itoo グアテマラの手織物
日時:2017年9月23日(土・祝)~27日(水) 11:00-18:00
場所:MARIA GALLERY(マリアギャラリー)
〒840-0804 佐賀市神野東1-2-9
TEL:0952-29-7433
insta:https://www.instagram.com/mariagallery214/
ilo itooアイテム:コルテスカート、大判ショール、コルテトートS/L、ハチドリチャーム

10月東京 CITAN 展示販売会のお知らせ

iloitoo_A5DM-FSNS-A5omote

みなさんこんにちは。
9月も半ば、少し秋らしく涼しくなってきました。
今年は東京の出展によくお声かけいただき、商品を手に取れる機会が多くなっていて、
リピートしてくださる方もいてとても嬉しい限りです。

10月東京出展は、ilo itoo自らが立ち、お客さまとお会いできるのはお久しぶりでとても楽しみです!

「グアテマラのコルテとコーヒーとチップスと。」
Guatemala’s Corte, Coffee and Chips.
2017年10月6日(金)ー 8日(日)10:00〜17:00
会場:CITAN

今回は、毎年ilo itooも出展でお世話になっているホステル Nui. の姉妹店である
CITAN(シタン)にて、人気の "コルテスカート" がたくさん並ぶ3日間となります。
「コルテスカートの色もっと選びたい〜! 」と思っていた方、
「気に入ったから2枚目が欲しい〜! 」と思ってた方、 
この3日間は直接見て選べるチャンスです♪

CITANは今年3月にニューオープンした、ホステル。
Nui.を運営するBackpackers’ Japanが手がける、4店舗目のホステルです。
Nui.と同様、カフェやバー、ダイニングも併設。

私たちが今回展示販売する地下1Fのラウンジスペースは
高性能な音響設備も用意されている空間で、
週末にはDJやアーティストを呼んでの音楽イベントも開催される場所。

なんだか大人でムーディーな空間?になりそうですが、
いやいや、変わらずグアテマラカラーで鮮やかに華やかに会場を盛り上げたいと思います。

コルテスカート着まわし

今回の展示のメインであるコルテスカートは
オールシーズン楽しめる、巻きスカート仕様。

色は、
カラハ?リ
"インディゴ無地"、"インディゴ縞刺繍" 、"インディゴ絣" とみんなが好きなインディゴ系が3種と、
"カラフル絣"、"アルモロンガ絣" とよりエキゾティックで色柄質感が楽しめる2種のの計5種類。

巻きスカートなのでもちろんウエストフリー。
コルテスカート_マタニティ
マタニティウエアとしてもオススメです。

丈はMとLの2タイプ。
コルテスカート_サイス?
(モデル160cm)


これからの季節だと少し厚手のインディゴ縞刺繍や、アルモロンガ絣が
より重宝しそうですね。
iloitoo_A5DM-FSNS-image05

その他にも、ilo itooの選りすぐりの刺し子であるフランシスカの
手刺繍ワッペン・ブローチ、バッグや数量限定で作ったTシャツもご紹介します^^
IMG_4183

今回のテーマは、Guatemala's Corte , Coffee and Chips.
グアテマラといえば?! コーヒー^^ ぜひ美味しいコーヒーも楽しんで帰って欲しい。

CITAN 1F併設のカフェ BERTH COFFEE にて、
オリジナルセレクトのグアテマラコーヒーと
自家製ソースとワカモレのナチョスチップスご注文いただけます。

1Fのカフェでゆっくりしてから地下に降りてコルテスカートを楽しむもよし、
地下でコルテスカート巻き巻きしてホクホクになってから1Fのカフェでゆったりするもよし^^


土曜と日曜には、ワークショップも開催されますので、
コルテってなあに? グアテマラの民族衣装って?
そんなお話もしながら、ワンポイントになる可愛いブローチを
ilo itooのオオクボと一緒に作っていきたいと思います。


iloitoo_A5DM-FSNS-workshop
――――――――――――――――――――――
グアテマラの伝統衣装コルテで作るブローチワークショップ
10月7日(土)?11:00〜12:00?
10月8日(日) 11:00〜12:00
参加費/1,500円(材料費+講習費含)
定員/6名
講師/オオクボアヤ(ilo itoo)
ワンポイントコーデに個性が光るilo itooのブローチ作りワークショップ。
伝統衣装コルテ(巻きスカート)のUSEDの生地を使ってハンドメイドブローチを作りましょう。
【要事前申込】 ワークショップのお申込方法
下記アドレスよりお申し込みください。
http://citan-iloitoo2017.peatix.com/view
――――――――――――――――――――――

今回のイベントに合わせて、7日(土)のサタデーナイトにはDJを呼んで
イベントにあった選曲で楽しませてくれる予定なので、
展示終了後の19:00からは、ゆっくりご飯やお酒を楽しんで帰ってくださいね。

――――――――――――――――――――――

Artist DJ Shigeo Sonny / scratch Famous
10月7日(土)?19:00〜23:00?
料金/エントランスフリー
場所/CITAN地下1F
イベントに合わせた選曲をお食事と共にお楽しみください。


今回のイベント3日間は、
ilo itooの代表兼デザイナーのオオクボが
店頭にて皆様のお越しをお待ちしております!!


開催概要

ilo itoo exhibition 2017 at CITAN
「グアテマラのコルテとコーヒーとチップスと。」
Guatemala’s Corte, Coffee and Chips.

日時:2017年10月6日(金)ー 8日(日) 10:00〜17:00
会場:CITAN
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15−2
https://backpackersjapan.co.jp/citan/
会場アクセス:https://backpackersjapan.co.jp/citan/access

iloitoo_A5DM-FSNS-title

iloitoo_A5DM-FSNS-map

大阪・阪急うめだ『ラテンバザール』に出店します。

うめた?阪急ハ?ナー

まだまだ日中は暑いですが、今日で8月はおしまい。
ilo itoo 9月は大阪・阪急うめだで開催される『ラテンバザール』に出店します。

会場では先日グアテマラから入荷したてのコルテスカートをメインに、
カラフルでラテンなアイテムをご紹介。

コルテスカート着まわし
着回し色々コルテスカート
M丈:¥11,880(税込)、L丈:¥12,960(税込)

Tシャツ大人_大

Tシャツ大人_小

Tシャツ子供
数量限定・手刺繍Tシャツ
刺繍15×15サイズ:¥11,880(税込)
刺繍5×5サイズ:¥7,344(税込)
キッズ・刺繍15×15サイズ:¥10,260(税込)

Tシャツとトート
カラフルコルテトートバッグ
L:¥12,960(税込) S:¥8,100(税込)

他にも定番のあれこれお持ちします。
期間中はタカザキがみなさんのお越しをお待ちしていますので是非ラテンの空気を感じにきてくださいね♪

会場ではテキーラバーやライブなど色々な催しが開催予定です♪
ラテンバザールwebsite:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/latin2017/index.html#sec-index-01
---------------------------------------

申込〆切間近!グアテマラツアー2017 参加者募集中!!

ハ?ナー2017

鳥が多数刺繍されたカラフルなウイピルなど
伝統民族衣装に身を包むマヤの人々が今も生活する中米の国グアテマラ。
そんな極彩色のグアテマラの織物をいかしたポーチやバッグを
現地生産者と一緒に作っているilo itooが今年もグアテマラツアー2017を開催します。
ilo itooの生産者に会える工房訪問や手刺繍レッスン、市場やお祭りなど内容盛りだくさん。
手しごとやマヤの暮らしを通じてグアテマラの多彩な魅力に迫る8日間。

ilo itoo(イロイトー)プロフィール
オオクボアヤとタカザキマリコによるグアテマラの手仕事を使った雑貨ブランド。グアテマラ女性の伝統的な生活と手仕事を守り、生活に色と喜びを与える商品づくりをモットーに、現地直営工房にてマヤ系先住民女性たちと織物や刺繍を使ったオリジナル布小物を共同で制作。ツアー企画や現地の豊かな自然や文化を伝える活動も積極的に行っている。
http://iloitoo.jp/

今年で3度目となるグアテマラツアー。
見所は4つ!

blog_ツアー画像ai_ヘ?ーシ?_1

ilo itoo生産者との手刺繍レッスン。言葉は通じなくても手仕事は世界共通。手仕事を通じて生産者と仲良くなれる貴重な体験です。

??ツアー参加者の方の声(30代女性・派遣社員さん)
『グアテマラに来て本当によかったです。色鮮やかな布や地域によって違うウィピル、ilo itooの工房の方々、グアテマラの人たち、美味しい果物、出会えたすべての物事がとにかくよかったです。もっとたくさんの人たちにコーヒー以外のグアテマラの魅力を知ってもらいたいので是非訪れて欲しいです!』(30代・派遣社員さん)

blog_ツアー画像ai_ヘ?ーシ?_2

ilo itoo商品が生まれる工房で生産者と交流会。現地生産者も毎回楽しみにしているプログラムで工房見学の他、織物体験、民族衣装の試着に食事会などなどilo itoo縫製メンバーがみなさんを温かく迎えてくれます。

??ツアー参加者の方の声(60代女性・革作家さん)
『ツアーなのに個人旅行をしている感じのアットホーム感に癒されました。ilo itooさんの工房、手刺繍教室での現地の方との触れ合いなど楽しいことがたくさんで一生の思い出が出来ました。』

blog_ツアー画像ai_ヘ?ーシ?_3

近隣の村々から集まった人たちが所狭しと露店を広げる日曜市。民芸品はもちろん、野菜や果物、日用品までカラフルな品々を一度に御覧いただけます。

??ツアー参加者の方の声(20代女性・学生さん)
『ilo itooの雑貨でグアテマラの雑貨の魅力は知っていたけど、その魅力がもっと強く感じられた!そして、現地の人のあたたかさがとても心に残った!少人数で、同じような趣味を持った人たちとたくさん話せて、美味しいものと現地のもの両方食べられてよかったです。グアテマラ、また絶対来たいです!』

blog_ツアー画像ai_ヘ?ーシ?_4

日本のお盆にあたる死者の日にグアテマラでは凧を通じて亡くなった人たちと交信するのだとか。日本では想像も出来ないカラフルなお墓。だけど、家族総出でお参りに行く姿はどこか懐かしい。そんな新しくてノスタルジックな死者の日を楽しんでいただけます。

??ツアー参加者の方の声(60代女性・パティシエさん)
『友人に誘われて無の状態で来ましたが、これを入り口にグアテマラ・中南米を知りたくなりました。各所で厳選されたレストラン、ホテル、訪問場所。他のツアーでは得られない体験ができました。イロイトーツアーをオススメします!』


blog_ツアー画像5i

普通のツアーではできない体験が盛りだくさんです^^

blog_ツアー画像7

グアテマラツアーQ&A
Q:どんな服装で行けばいいですか?
A:グアテマラは常春の国と言われるほど過ごしやすい国で、昼間は半袖か薄手の長袖一枚、夜はその上にパーカーなどを着れば十分寒さはしのげます。
途中標高が高い地域で少し寒さが増すので、重ね着出来るようにしておくといいと思います。

Q: 高山病対策は必要ですか?
A: 標高としてはアンティグアで1,500m、途中の道のりで2,000mくらいの場所を通過しながら上ったり下ったりします。
高山病のかかりやすさは個人で大きな差があるようです。
過去にそのような経験をされたことがあるようでしたら、薬を持って行かれる方がいいかもしれません。
ただ、グアテマラで高山病にかかった方の話は聞いたことがないのでそれほど心配されなくてもいいかなと思います。

Q:現地通貨への両替はどうしたらいいですか?
A:ドルを持ってきていただければ現地の銀行へお連れして現地通貨に両替していただけます。

Q:カードは使えますか?
A:アンティグアでは使用できるお店もありますが、市場などで使える場所はありませんので基本的に現金でお買い物をすると思ってください。

Q:インターネットは使えますか?
A:ホテルにはwifiが飛んでいますし、レストランによっては使える場所もありますのでそれほど環境は悪くないと思っていただいて大丈夫です。


blog_ツアー画像6


どうでしょう?ツアーに参加してみたくなりましたか?
グアテマラに行ったことがあるなんて、一つ話の種になること間違いなしです。

「どうしようかなー。休みが取れるかなー。」
「中南米なんて行ったことないし不安。大丈夫かなー。」

なんて色々色々迷っているみなさん、
私たちのツアーは皆初めての方ばかり。
でも全員の方がツアーを終えて、アンケートで 「満足」 と答えてくれてます♪

迷っているなら行きましょう!
優しく受け入れてくれるグアテマラの人たちが待っていますよー。
VAMOS A GUATEMALA!!
今年はどんな方にお会いできるか、
現地スタッフと一緒にみなさんのお越しをお待ちしています♪


-----------------------------------------------------

グアテマラツアー2017お申込みは8月31日まで。

ハ?ナー2017

こんにちは。
まだまだ暑い日が続いていますが、みなさん元気ですか?
10月のグアテマラツアー参加ご検討いただいているでしょうか。

今のところ1名様からのお申込みをいただいていて、ツアー催行まであと5名様。
毎年ドキドキの締切日8月31日です。
ギリギリのお申込みでも大歓迎ですので
迷われている方、何か不安なことや聞きたいことがあればお気軽に
風の旅行社さんかilo itooまでご連絡くださいね。

スペイン語や英語は話せなくても何とかなります!

今日は、迷っているみなさんの背中を押すために、
これまでツアーに参加してくれた方の感想をいくつかご紹介。

2016-%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc4%e6%97%a5%e7%9b%ae_74

『グアテマラに来て本当によかったです。色鮮やかな布や地域によって違うウィピル、ilo itooの工房の方々、グアテマラの人たち、美味しい果物、出会えたすべての物事がとにかくよかったです。もっとたくさんの人たちにコーヒー以外のグアテマラの魅力を知ってもらいたいので是非訪れて欲しいです!』(30代・派遣社員さん)

2016-%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc4%e6%97%a5%e7%9b%ae_122

『ilo itooの雑貨でグアテマラの雑貨の魅力は知っていたけど、その魅力がもっと強く感じられた!そして、現地の人のあたたかさがとても心に残った!少人数で、同じような趣味を持った人たちとたくさん話せて、美味しいものと現地のもの両方食べられてよかったです。グアテマラ、また絶対来たいです!』(20代・学生さん)

2016-%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc3%e6%97%a5%e7%9b%ae_142

『ツアーなのに個人旅行をしている感じのアットホーム感に癒されました。ilo itooさんの工房、手刺繍教室での現地の方との触れ合いなど楽しいことがたくさんで一生の思い出が出来ました。』(60代・革作家さん)

2016-%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc4%e6%97%a5%e7%9b%ae_224

『久しぶりのツアー旅行参加で心配してましたが、濃い楽しい時間を過ごせてすごくよかったです。自分がスペイン語をしっかり話せればもっと楽しめたなーと思ったけど、国や言葉が違ってもやっぱり人は人だなと改めて思いました。ilo itooの人との関わり方が見られてよかったです。日本で固まってた頭がリフレッシュ出来ました。』(30代・会社員さん)


senor_con_regaro

どうでしょう?ツアーに参加してみたくなりましたか?
グアテマラに行ったことがあるなんて、一つ話の種になること間違いなしです。
「どうしようかなー。休みが取れるかなー。」なんて色々色々迷っているみなさん、
迷っているなら行きましょう!
優しく受け入れてくれるグアテマラの人たちが待っていますよー。

VAMOS A GUATEMALA!!

今年はどんな方にお会いできるか、
現地スタッフと一緒にみなさんのお越しをお待ちしています♪

ツアーチラシ2017_2_2

ツアーチラシ2017_1_2
※ご旅行代金には航空券は含まれていませんのでご了承ください。
(風の旅行社でもチケットの取り扱いは行っておりますのでお気軽にお問合せください。)
※ご参加の際は必ず海外保険にご加入ください。

お申し込みは「風の旅行社」大阪支店・川崎まで
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA 3階
MAIL:osaka@kaze-travel.co.jp
TEL:0120-987-803
FAX:06-6343-7518